え…ティントのコンシーラー!? 肌に浸透して1日ヨレない新発想カバーコスメ

え…ティントのコンシーラー!? 肌に浸透して1日ヨレない新発想カバーコスメ

クオレ株式会社のオリジナルブランド・K-パレットから、ティントタイプのコンシーラー『K-パレット ラスティングハイカバーコンシーラーティント』が9月14日(木)に発売されました。(全3色/1,200円<税抜き>)

リップティントは今や定番アイテムですが、“コンシーラーティント”は新発想ですよね。同商品の概要をご紹介します。

コンシーラーへの不満…1位は「時間が経つとヨレる」

Kパレットが20代~40代の女性336名を対象に、コンシーラーに関する調査を実施したところ、半数以上の女性が不満に思っていることとして選んだのが「時間が経つとヨレる(47.3%)」、「厚塗り感が出る(44.6%)」という項目。また、29.7%が「パサパサ乾燥してシワに入る」ことも不満なようです。

コンシーラーに求める機能は、「カバー力」と回答した人が最も多く、40.5%でした。次いで、「自然な仕上がり(32.4%)」、「キープ力(ヨレない)(18.9%)」という結果になりました。

肌に浸透して長時間キープのコンシーラー

こうした不満を抱える人にピッタリのアイテムが、このたび発売された『K-パレット ラスティングハイカバーコンシーラーティント』です。

肌の表面にコンシーラーをのせてカバーするのではなく、カラーコントロールリキッドが肌の角質層まで浸透し、溶け込むようになじむのが特徴。長時間崩れにくく、シミやクマ、ニキビ跡、色ムラ、そばかすなどを自然にカバーしてくれるそう。

カラー展開は、“01 ライトベージュ”、“02 ナチュラルベージュ”、“03 オークルベージュ”の3色です。

乾燥しやすい季節に嬉しい保湿成分も配合

また、加水分解コラーゲンやヒアルロン酸Naなど美容保湿成分を6種類配合。カバーしながら乾燥しやすい秋冬も、肌に潤いを与えます。コンシーラーが乾燥してシワに入り込む……という悩みが解消できるかも。

コンシーラーで肌悩みをカバーした状態が長く続けば、お化粧直しも手早く済んで嬉しいですよね。今使っているコンシーラーに不満がある人は、同商品をチェックしてみては。(※価格は全て編集部調べです)



スポンサーサイト

アラサー女子がモテテク「男子のソデをかわゆく引っ張る」をやってみたところ悲惨すぎる結果に

アラサー女子がモテテク「男子のソデをかわゆく引っ張る」をやってみたところ悲惨すぎる結果に

全国の独身アラサー女子のみなさぁーん、恋してますかぁー?

と、ほんわかとした雰囲気でスタートしてみましたが、これはかなり深刻な問題です。そう、独身アラサー女子にとって、「現在進行形で恋をしているかどうか」……これは今後の人生設計に大きく関わるインポータントなプロブレムなのです。

高校生のとき、あんなにうざかった進路指導の先生。あなたのありがたみが、今なら分かります。進路を指導してくれる人が皆無という状況で、今の私はまるで荒れ狂う大海原を漂流する小舟のよう。誰でもいいから、せめて恋愛の東西南北を教えて!

はぁ、とりあえず恋がしたい……片思いでもいいけど、両思いならさらにナイスです。そこで、これまでの恋愛経験で得た知識をフル稼動させ、巷で有名だったような気がするひとつの「モテるテクニック(モテテク)」を実践してみることにしました

【アラサー女子が男性の袖を引っ張ってみた】

試してみたのは、男性に背後から近づき、Tシャツや上着の袖を引っ張ってみるというモテテクです。袖をちょんっとつまんで引っ張り、「ねーねー♪」と話しかける。すると男性は「あれ、なんだか胸がトクン……としたな」みたいなことになる可能性があるかもしれない、そうです。

で、私は思ったんですけど。これって女子高生がやるとすっごいかわいいんじゃないかなって。でも、アラサー女子がやるとどうなのかなって。客観的に見てみたかったので、Pouch編集部の百村モモチャンにやってもらうことにしました。

 

【誰にやっても怒られる悲惨な結果に!】

まず、ロケットニュース編集部のあひるねこクンのTシャツの袖を引っ張ってもらったところ、

「服がーーッ伸びるんですけど! これすっごく高いTシャツなんですよ! 洗うときも超ーーッ気を使って洗ってるのに!!」

と真顔で怒られていました。

次に、同じくロケットニュース編集部のかわらのクンの上着の袖を引っ張ってもらったところ、

「歩いてるときに袖を引っ張られたら不快ですよ」

と真顔で注意されていました。

やっぱり、もうみんな大人なんだからいろいろこだわりとかあるんですよね、きっと。高校の制服の袖を引っ張るんじゃないんだから。引っ張る方も大人なら、引っ張られる方も大人なわけで、自分で働いたお金で自分の好きな服買って着てるんだから。

まあ、そんなこんなで今回は、アラサー女子が男性のTシャツや上着の袖を引っ張ったら怒られるという結果に終わりました。もし機会があれば、また違ったモテテクにもチャレンジし、せめて恋ができるように頑張りたい所存です。

執筆=夢野うさぎ / 画像=Pouch (c)Pouch



寝室から「プーピー プーピー」不思議な音がするけど、なんの音? → なんと猫のいびきでした!

寝室から「プーピー プーピー」不思議な音がするけど、なんの音? → なんと猫のいびきでした!

寝室に入ると「プーピー プーピー」といった具合に、ニャンとも奇妙な音がする……。音のするほうへ進んで行くと、そこには1匹の猫がいます。

一部始終をとらえYouTubeに投稿したのは、ユーザーのTd Lmxさん。音の発信源はどうやらその猫で、尻尾を抱き枕のようにギュッと抱えて、「プーピー プーピー」といびきをかいているではありませんか!

【こんないびき初めて聞いたわ(笑)】

鼻のあたりが尻尾で塞がっているのか、猫のいびきの音は実に奇妙。「グーグー」でもなく「ゴロゴロ」でもなく、「プーピー」って! 一体全体どうやったらそんな音が出るのか、眠りこけている猫に直接聞いてみたいものです。

【サイレンみたいな音なんです】

動画の視聴回数は4万4000超。猫の出す奇妙な音に対し、YouTubeでは「バッテリーの代え時なんじゃない?」「一酸化炭素検知器の音なのでは」などのコメントがありました。

うん、言われてみればこの音、危険を知らせるときのサイレンによく似てる気がします。でも音はたしかに、猫自身から聞こえてくる……なんて不思議ないびきなんでしょ!

規則正しく「プーピー プーピー」というメロディーを奏でながら、飼い主の存在にも全く気がつくことなく眠っている猫。まさか自分がこんなにも “有名猫” になっているとは、予想だにしていないのでしょうね。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch



男に言ってはいけないNGワード・男心をくすぐるときめきワード

男に言ってはいけないNGワード・男心をくすぐるときめきワード

男子の何気ない一言に傷ついたことがある女子もいるはず。でも男子も女子の何気ない一言で簡単に傷つきます。見た目は強そうでも、心は繊細だったりするんです……。できれば人間関係を円滑にするためにも、傷つける言葉ではなく気分をよくさせる言葉を使いたいもの。
そこで今回は、男に言ってはいけないNGワード・男心をくすぐるときめきワードを紹介。男子と一緒にいるときは、積極的にときめくワードを使いましょう!

男に言ってはいけないNGワード

1. 「もうちょっとしっかりしてよ!」「自分でやるからいい!」

男子のなよなよした姿や、ちょっと無責任な言動から「もうちょっとしっかりしてよ!」と言いたい時ってありますよね。あまりにも度がひどい場合には言うべきかもしれませんが、そこまでじゃない時はあまり言わない方がいいかも……。
彼的には「頼りない」とか、「器小さい」とかに聞こえる言葉だからです。彼に頼んだもののあまりにも不器用で、自分でやった方が早いな……と「自分でやるから、もういいよ」とか言わないであげて。たぶん彼、心折れますよ。

2. 「つまらない」「全然楽しくない」

彼と一緒にいる時に、あなたが笑うであろうと思って話したオモシロ話やギャグにたいして「つまらない」というのはやめてあげて。普通に落ち込むし、自分を否定された気分になってしまいます。
あとデートにたいし、「最近ご飯食べて家でのんびりするばっかりだよね、全然楽しくない……」なんて言われたら、彼もあなたに会うのが面倒に感じてしまうかも。不満を言うにしても、もう少しオブラートに包んだ言葉にしましょう。

男心をくすぐるときめきワード

1. 「ありがとう・はじめて・すごい・かっこいい」は鉄板でうれしい!

女子に何かしてあげた時に笑顔で「ありがとう! 頼りになるね」なんて言われたら、照れくさいけど素直にうれしいもの。デートで連れて行った場所で、彼女が「わぁ~ココはじめて来た! ずっと前から来たかったの!」なんて喜んでくれたら、男子も内心ガッツポーズです。
また「英語話せるんだ? すごい!」と、優れていることを褒められてると、彼は優越感に浸れます。最近ジム通いしていて女子から「体鍛えてるんだ? 体締まっててかっこいいね!」と、自分が今頑張っていることにたいし成果を認めてもらえると、「もっと頑張ろう!」と思えます。
積極的に「ありがとう」「はじめて」「すごい」「かっこいい」は使った方がいいです。ただ、これみよがしな感じで言ってしまうと、相手にも「テキトーに言ってるな……」とバレ、全く喜ばれないので要注意です。

2. 一緒にいると落ち着く・ホッとする

「○○君と一緒にいるとなんか落ち着く」「○○君と会って話すとホッとするんだよね」と、気になる女子に言われたら、その子に安心感を与えられているんだなと彼も、安心します。
ふたりでのんびりしている時に言うと効果大! ただ中には「刺激のない男ってことかな……?」とネガティブにとらえる男子もいるので、なるべくなら彼氏とか距離の近い男子にしたほうが無難かも。



ダイエットの強い味方!? 「ビタミンCと肥満」驚きの関係を医師が解説

ダイエットの強い味方!? 「ビタミンCと肥満」驚きの関係を医師が解説

“ビタミンC”といえば、抗酸化作用、コラーゲン生成補助、メラニン生成抑制といった効果から、“美肌”や“美白”に効く成分という印象を持っている人が多いでしょう。

でも、『青山ヒフ科クリニック』の亀山孝一郎院長によると、ビタミンCは美肌だけでなく、ダイエットの強い味方なのだそうです。その真意を亀山先生に伺ってきましたので、ご紹介します。

ビタミンCの肥満に対する2つの作用

ビタミンCが抗肥満物質である理由として、亀山先生は次の2つを挙げています。

1:脂肪細胞にエネルギーを与えない

まず、脂肪細胞にエネルギーとなる栄養を与えないというビタミンCの特性が挙げられるそうです。

「ビタミンCには細胞の代謝を上げて、無駄なエネルギーが蓄積されるのを防ぐという作用があります。一方で、脂肪細胞に対しては、エネルギーとなるブドウ糖(グルコース)を取り入れるのを防ぐという作用をします。

つまり、ビタミンCは、基本的に細胞を活性化する働きをするけれど、“脂肪細胞にだけはエネルギーをやらない”という選択的作用をしてくれるのです。これにより、脂肪細胞が大きくなるのを防いでくれるというわけです」(亀山先生・以下「」内同)

栄養がカットされれば、脂肪細胞も成長できなくなるということですね。

2:レプチンに対する感受性を高めようとする

「“レプチン”とは、脂肪細胞から分泌される満腹感を感じさせるホルモンです。ビタミンCには、そのレプチンの分泌を減らす作用があることがわかりました」

一見、満腹感を感じさせるホルモンが減ると、太ってしまうのではと思ってしまいますが……。

「脂肪細胞が多いとレプチンは増えます。ですが、太っている人はレプチンに関する感受性が下がってしまっているのです。特に飽食の時代である現代ではなおさらです。いくらレプチンが多くても、それを受け取る感度が鈍くては、食欲も抑制されませんよね。

そんな状況の中、ビタミンCは、人間のレプチンに対する感受性を、今の飽食の時代から、太古の飢えていた時代に戻そうとしているのではないかと考えられます。つまり、あえてレプチンを減らすことで人間のレプチンに対する感度を昔のように高め、満腹中枢の刺激を感じやすくしようとしてくれるということです」

肥満のこわさ…糖尿病や心筋梗塞にも

肥満であることが私たちの体に及ぼす様々な悪影響についても解説していただきました。

「人間は食事をすると血液中のブドウ糖の量が増えます。そのブドウ糖をエネルギーとして細胞の中に取り入れて血糖値を下げるために、“インスリン”というホルモンが分泌されます。このインスリンは“インスリン受容体”にくっついて細胞の中に入っていきます」

インスリン受容体をたっぷり持っている細胞は代謝の盛んな細胞ということになりますが、肥満の人は、このインスリン受容体が減ってしまっているそう。

「肥満とは、脂肪細胞が過剰にある状態。過剰な脂肪細胞は、それ以上栄養を蓄えないよう活性酸素などによって攻撃を受け、そこに炎症が起こることで、インスリン受容体が減ってしまいます。そうすると、インスリンは糖を細胞の中に入れることができず、血糖値が上がってしまうのです」

さらに、脂肪細胞が大きいと、そこにエネルギーを送ることが心臓にとって大きなストレスにもなるとのこと。

「肥満であることは、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などになる確率を上げ、寿命を縮めてしまうことにもなりかねません」

怖いですね……。そしてここで役立つのがビタミンC。

「ビタミンCには、活性酸素を減らすなどして細胞の炎症を抑えつつ、先にも述べたように、脂肪細胞にだけは栄養を与えないことで大きくなるのを抑制する、という優れた作用があります。

肥満の人は、過剰な活性酸素を減らすためにビタミンCが使われてしまうので、血液中のビタミン濃度が低いというデータがあります。ですので、太っている人ほど、ビタミンCをたくさん摂るべきなのです」

フルーツでOK?ビタミンCの摂り方

厚生労働省は、1日最低100mgのビタミンCを食事で摂ることを推奨していますが、先生によると、これは必要最低限の量。肌や体に及ぼすプラスの効果を期待するなら、1日1000mg以上を目安に、こまめに摂取するのが望ましいとのこと。

「ビタミンCというとフルーツのイメージがありますが、気をつけたいのは、“果糖”を摂り過ぎないこと。果糖は血糖値を上げますし、糖化タンパクが100倍になるともいわれています。

ビタミンCを摂るときは、果糖に偏らないように気をつけて、野菜やサプリなどでバランスよく摂取することをオススメします」

最後に、ビタミンCを摂るタイミングについて伺いました。

「ビタミンCは2~3時間で尿と一緒に排出されてしまうので、一度にたくさん摂っても意味がありません。1日に3回くらいにわけて少しずつ摂るようにしましょう。

ストレスや疲れを感じているとき、すぐに効果を実感したいときには“食前”、ゆっくり確実に吸収させたいときは“食後”がオススメですよ」

ビタミンCは体や肌によいイメージがあるものの、ダイエットの味方にもなることはあまり知られていない事実かもしれません。「最近太ってしまったかも……」という人は、積極的にビタミンCの摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】

※ 亀山孝一郎・・・表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士。北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。



RSSリンクの表示
リンク