FC2ブログ

【夜の4コマ部屋】ごあいさつ6 / サチコと神ねこ様 第1064回 / wako先生

【夜の4コマ部屋】ごあいさつ6 / サチコと神ねこ様 第1064回 / wako先生


4コマ漫画『サチコと神ねこ様』の時間です。

作品を読んでのご感想・ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームに具体的にご記入いただき、「夜の4コマ部屋」と明記のうえ送信してくださいませ。今後とも、夜の4コマ部屋『サチコと神ねこ様』をよろしくお願いいたします。

・wako先生ツイッター @wako3999
これまでのあらすじもぜひみてね!

前の話へ第1回から読む



スポンサーサイト

15時間「疲れ・痛み」知らず!最強に快適なパンプスの選び方

15時間「疲れ・痛み」知らず!最強に快適なパンプスの選び方

長丁場の立ち仕事。歩き回る外出先。ヒリヒリと痛みだす足裏に悩まされるパンプスを履いた午後。「オシャレさと実用性は相反するもの」なんてよく言うけれど、<ハイヒール>と<快適な履き心地>の2つは、実はトレードオフじゃありません。

「ハイヒールは疲れるし、痛くなるもの」そんな固定概念をくつがえすのは、ローヒール感覚で履けるパンプスと、手持ちパンプスの履き心地をアップデートする優秀アイテム。これを知ったら、もう鞄に替えのフラットシューズを入れる必要はなくなるかも!? 

パンプスに靴擦れが痛い女性

ローヒール感覚で履ける!パンプスブランド

疲れないパンプスのスタメンブランド『ROCKPORT(ロックポート)』

ヒールでも疲れない&痛くならないROCKPORT。インソールに衝撃吸収クッション材が使われているので、足への負担が少ない機能性パンプスです。

“筋力なし+猫背”な筆者が長時間履いていても、ヒール特有の前かがみ姿勢になることなく、足裏もふくらはぎも疲れ知らずな一日を叶えてくれます。

朝8時から夜23時まで歩き通しだった一日も、まるでローヒール感覚で過ごせたパンプスは、なんとヒール高9.5cm。これだけ高さがあっても、足がしっかりと包まれる安定感のおかげで、自転車も余裕でこげちゃう快適さ!

ROCKPORT(ロックポート)

通勤靴を探しているなら、とりあえず一人一足、マストで手に入れたい魔法のパンプスです。

ヒールで走れる!DIANAの機能性パンプス『ルフリー』

老舗パンプスブランドDIANAの機能性パンプスシリーズ。クッション材によって歩きやすさを追求しているだけでなく、メッシュ素材なので蒸れにくく、足裏に汗をかきやすい人も安心。さらに、かかとのフィット加工により「歩行時、パンプスがスポッと脱げちゃう……」なんて悩みもクリアになるため、まさに女性の味方。

ヒール高は3cm、6cm、7cm、8cmとバリエーションが豊富なので、好みにあったヒールを選べるのも魅力的。細いヒールでも安定感があるので、華奢なヒールのデザインが好きな人も満足なスペックです。

買ってから後悔しないために!靴選びのいろは

試着したときは「これ歩きやすい!」と感動してお持ち帰りしても、いざ一日履いてみると、痛くて痛くて大後悔! なんて経験、誰しもあるもの。そんな失敗を繰り返さないために、靴の専門家によるフィッティングチェックの活用がおすすめ。

ハイヒールを履いている女性

かねまつのパーソナルフィッティングは、一人ひとりの足の形に合わせて、プロがアドバイスをくれるだけでなく、靴の調整から、購入後のアフターケアまで至れり尽くせり。

輪郭に丸顔、たまご顔とタイプがあるように、足にも甲高、幅広などタイプがあるもの。自分の足のタイプを知らない方は、一度専門家に見てもらうと、今後の靴選びが格段に楽に!

手持ちパンプスをアップデートするアイテム

新しい靴も素敵だけれど、お気に入りのパンプスがあるのなら、履き心地を改良するインソールを取り入れてみて。つま先やかかと、土踏まずなど、疲れやすい部分にジェルパッドを入れるだけでも、これまでと比べて快適さが段違いになるはず。

ほっそりとした脚の女性

靴屋さんで相談しながら買うもよし。ドラッグストアやバラエティショップ、ネットショップでも広く取り扱いがあるので、値段や大きさ、悩みなどに合わせてGETしてみて。筆者の愛用アイテムはコロンブスの「フットソリューション つま先コンフォート」と、ドクターショールの「ジェル ハーフ インソール」。

ただし、購入する際は一つ注意点が。分厚いタイプのものを買うと、履いたときに「キツイ……!」となってしまうので、厚さは慎重に選ぶのが鉄則です。

足の耐久性3倍以上!?最強に快適なヒール着用術

一日中、ヒールで歩き回る日もある筆者がこっそり実践している、痛み&疲れ防止策。それは「ソックス+パンプス」の組み合わせ。靴下の厚みによって、足への衝撃が軽減するので、ソックスありとなしとでは段違いに耐久性がアップ。秋冬は厚手のもの、春夏は薄手のもの、など靴下の素材を変えれば、一年中使えるテクニックです。

「ソックス+パンプス」の組み合わせ

もし履き心地をレベルMAXにしたいのなら、「機能性パンプス+ソックス」または「手持ちのパンプス+インソール+ソックス」の組み合わせが最強です。


「オシャレは我慢」なんて今は昔。パンプスによる疲れや痛みから、足を解放してあげよう!

ライタープロフィール

美容ライター・馬場 さおり

ライター/美容家。専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆。その他エステ業界誌の編集長を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動中。

【保有資格】

予想医学エデュケーター/ダイエット検定1級/アロマテラピー検定1級/コスメコンシェルジュ

【あわせて読みたい】
▽パンプスやヒールを快適に履くコツをもっと知る
保存版!プロが教える痛くないハイヒールの選び方
プロが教える!タコ・魚の目ができない、ハイヒールの履き方
痛くない・疲れない!自分に合ったパンプス・ヒールの選び方
可愛くって、疲れにくい!GUマシュマロパンプスの魅力

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
ROCKPORT
DIANA
パーソナルフィッティング – かねまつ
ドクターショール
コロンブス

関連記事



他の女子が目に入らなくなる!? 彼氏が喜ぶちょっとした8つのこと

他の女子が目に入らなくなる!? 彼氏が喜ぶちょっとした8つのこと

付き合っているのなら、お互い悲しみや寂しさなどネガティブな感情より、楽しみや喜びなど、ポジティブな感情を多く共有したいですよね。日頃からちょっとしたことで彼を喜ばせることができたら、きっと彼もあなたのことを今以上に大事にするかと思います。そこで今回は、彼氏が喜ぶちょっとしたことをご紹介。

彼氏が喜ぶちょっとしたこと

彼女からのスキンシップは誰だってうれしい

彼女からのスキンシップは誰だってうれしいです。「マジ勘弁……」と思う男子はいませんから。彼のテンションを少しでも上げたいのであれば、自分から手をつないだり、ハグしたり、積極的に触れたほうがいいですよ。

連絡がマメで文面が可愛らしい

連絡無精の彼女では彼の性格次第では不安。やっぱり、ある程度マメな方が安心だしうれしいです。また文面。あまりにもさっぱりしすぎなのも味気ないもの。できれば、文面もかわいらしくした方が彼もキュンとします。

ちょっとした差し入れ

過剰に尽くしたり貢いだりするのはよろしくないですが、ちょっとした差し入れなら、彼を喜ばせるのにぴったり。例えば、仕事で疲れている彼に栄養ドリンクでもいいし、休憩中につまめるお菓子でもいいし。物よりも差し入れしてくれる気持ちがうれしかったりするんです。

誰よりも心配する

誰よりも一番に心配してくれるのも、彼としてはうれしいもの。例えば、風邪で寝込んだ時、事故に遭った時など、ただ「大丈夫?」の言葉だけではなく、実際に会いに来てくれたり、看病してもらえると彼の弱った心も元気になるでしょう。

彼の友達にも親切

彼にだけでなく、彼の友達にも親切だと彼としてはうれしいし、どこか誇らしい気持ちに。愛想が良くて、ある程度コミュニケーション能力があり、友人知人に紹介しても安心な彼女というのは彼としてはうれしいです。

彼のことを立てる

友達に親切なのもそうですが、友達や知人の前で彼のことを立てるのも彼としてはうれしいもの。彼のことをいじったり、ネタにして笑いを取る女子もいるかもしれませんが、内心傷ついている男子もいます。彼氏としてはいじられるよりも、立ててもらった方がテンション上がります。

いけない時は注意してくれる

優しいだけではなく、ダメな時は注意してくれる彼女だと、「ちゃんと俺のことを考えてくれているんだな」とうれしくなったり。彼のことが好きすぎて注意できない女子もいるかもしれません。注意の仕方にもよりますが、注意した方が彼もあなたへの愛情が強くなったりしますよ。

落ち込んだ時にただそばにいる

落ち込んだ時に、ただそばで寄り添ってくれるだけでうれしいもの。「何があったの? 教えてくれなきゃわからない!?」と無理やり聞き出そうとするのではなく、彼のタイミングで話し出すまで隣に座っていてくれるだけで、彼の心は軽くなりますから。



なんということでしょう…花嫁さんのビフォーアフター画像が魔法みたい! コソボのメイクアップアーティストの神業テクをご覧あれ

なんということでしょう…花嫁さんのビフォーアフター画像が魔法みたい! コソボのメイクアップアーティストの神業テクをご覧あれ

女性が一生でいちばん美しく輝く日。そのひとつが結婚式かもしれません。それをしみじみと感じるさせてくれるのは、コソボのプリズレンを拠点に活動するメイクアップアーティスト、Arber Bytyqiさんのブライダル写真。

彼がインスタグラムに発表しているのは、花嫁さんのビフォー・アフター画像。Arberさんがメイクを手がけるだけで、女性の魅力が100倍、いや1万倍ぐらい増しになるんです……! いったいどうすればこんな美しさが引き出せるの~っ!?

【花嫁さんの変身ぶりに見とれちゃう!】

彼のメイク技術がよくわかるのは、花嫁さんのメイク前とメイク後を並べた写真

まるで同じ人物とは思えないほどゴージャスに劇的チェンジ! 花嫁が本来持っているチャームポイントを最大限に強調することで、その人本来の美しさがより引き出されているのではないかと感じます。

View this post on Instagram

The power of makeup 👀 Rate this transformation from 5 to 10 😜

A post shared by Arber Bytyqi (@arber_bytyqi_mua) on

【魅力を引き立たせるメイク技術】

たとえば二重が美しい女性は、アイシャドウで印影をくっきりとつけて吸い込まれるような目元に。口紅も一人ひとりにぴたりマッチしたカラーをチョイス。シェーディングやハイライトで顔全体に立体感を持たせるのも彼のすぐれた技術といえます。

本人のハッピーオーラとArberさんのメイクが相乗効果を生み出し、どの花嫁さんも本当に美しい! Arberさんのすばらしい仕事ぶり、皆さんもぜひインスタグラムをチェックしてみて。

こんな変身を見せられたら、世界中の花嫁さんから彼のもとにオファーが来ちゃうんじゃないでしょうか……。

参照元:Instagram @arber_bytyqi_mua
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch



【ラスト10秒が泣ける】体に布が絡まり混乱した犬を冷静に救助した警察官がスゴイ! 助けた瞬間犬もハグしに行きます

【ラスト10秒が泣ける】体に布が絡まり混乱した犬を冷静に救助した警察官がスゴイ! 助けた瞬間犬もハグしに行きます

窮地に陥ったワンコを、危険も顧みず救出する1人のイケメン警察官が、ツイッターで話題になっています。

自分の身長ほどの高さがある柵を軽々と乗り越えて、ワンコが待つ場所へと駆け付けた警察官。

どうやら天井からぶら下がった布がワンコの体に巻きついてしまったようで、その状態が苦しいのか、ワンコは「クークークー」と切なそうな鳴き声をあげていたんです。

【最初はめちゃめちゃ攻撃的だったのに…】

警察官はなんとか布を取ってやろうとしますが、パニック状態にあるワンコが攻撃してくるので、なかなか手が出せません。

「布をナイフで切ろうとすると噛みつかれそうになる」といった状況を何度か繰り返した後、ようやく布を切ることに成功しました。

すると……なんということでしょう。布を切ってもらった直後、あれほどまでに攻撃的だったワンコが、大きく前足を広げて警察官に自らハグをしたではありませんか!

【体全体で気持ちを表現しているみたい!】

ハグをしに行ったワンコは全身全霊で「ありがとう」と伝えているかのようで、その姿を見ているだけで、ちょっぴりウルウルしちゃいます。

そんなワンコを警察官も優しく受け入れていて……なにこの “優しい世界” !! 無事に助けてもらえてよかったねぇ。

【新たなヒーローが誕生】

“ハグ” シーンに感動する人や、警察官の優しさを称賛する声は後を絶たず、世界各国のメディアでもニュースとして取り上げられました。

この警察官は、チリのサン・フェリペ県で活動する「カラビネーロス・デ・チレ」という国家憲兵の一員で、住民からの通報で駆けつけたそう。ワンコはひとりでお留守番中、うっかり屋根から垂れ下がった布に絡まってしまったみたい。

興奮状態のワンコを相手にするのは、相当勇気が要ったことと思います。しかもワンコは大型犬、下手したら大怪我につながる恐れだってあったかもしれないんです。

にもかかわらず、黙々と救出活動を行い、見事ワンコを救い出した警察官。あなたは世界中の誰もが認める、 “真の英雄(ヒーロー)” だと思いまっす!!

参照元:Twitter @Carabdechile
執筆=田端あんじ (c)Pouch



プロフィール

みっち

Author:みっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク